日記ページ

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:ひまわり学級
ひまわり学級 遠足

公開日:2018年10月03日 19:00:00

カテゴリ:ひまわり学級
ひまわり学級 研究授業

公開日:2018年10月03日 19:00:00

カテゴリ:ひまわり学級移動教室
平成30年度 ひまわり学級移動教室 3日目
帰校式
 バスが順調に走り、学校に14時30分に到着しました。バスの中では、歌を歌って元気に過ごしていました。3日間、子供たちが規則正しく生活し、自分でできることが増えたことに感心しました。実りの多かった宿泊学習での思い出をたくさん家の人に話すように伝えました。そして、お世話になった先生方、介助員さん、看護師さん、添乗員さんに、最後にお礼をしました。この宿泊学習での経験は、日々の生活や学習に生きてくることでしょう。
 
閉室式
 とうとう3日間の全てのメニューを終えて、わくわくビレッジとお別れです。おいしい食事やきれいなお部屋、気持ちのよいお風呂を用意してくださった施設の方に、感謝の気持ちを込めて、皆でお礼を言いました。
 
最後の食事
 わくわくビレッジでの最後の食事は、スパゲティです。皆、喜んでいただいています。食事係りの子供たちは、食事の準備や挨拶を3日間、よく頑張りました。苦手な野菜もや初めて食べる物にも、チャレンジて食べている姿が、素敵でした。
 
ツリーハウス
   わくわくビレッジでもお土産を購入しました。すみだ水族館で購入した残金で購入できる物を選びました。シールやお家の人へのおみやげ等を購入していました。その後、ツリーハウスで思いっきり体を動かして遊びました。ターザンロープが人気でした。
 
キャンドル作り
   3日目になりました。眠そうな表情の子供もいますが、元気です。部屋の片付けをみんなで行った後は、楽しみにしていた粘土キャンドル作りの時間です。ネズミ、パンダ、犬の3つのグループに分かれて。嬉しそうに作っていました。自分の作った作品が気に入ったようで、上機嫌の子供たちです。きれいに包んでリュックに入れました。きれいなままで、持ち帰れるとよいのですが。もし、こわれた場合でも、手で温めながらくっつければ、元に戻ります。

 

公開日:2018年10月02日 13:00:00
更新日:2018年10月11日 16:10:36

カテゴリ:ひまわり学級移動教室
平成30年度 ひまわり学級移動教室 2日目
レクリエーション2
 けやき学級の○✕クイズは、なぞなぞのような問題で、子供たちは、考えながら手で○✕を示していました。最後は、みんなで輪になってすわり、ボールを回すゲームをしました。最初は、30秒間経過した時点でボールを持っていた子が鬼です。徐々に時間を短くしていって、皆で楽しみました。けやき学級と一緒に、とてもよい時間を過ごすことができました。
 
レクリエーション
   2日目の夜は、レクリェーションをけやき学級と行いました。ひまわり学級の出し物は、歌「気球にのってどこまでも」です。楽しくリズミカルに歌いました。○✕クイズは、ひまわり学級や三小についての問題を出しました。
 
高尾山下り3
 ケーブルカーの駅付近で全員が合流し、ケーブルカーで高尾山口まで降りてきました。予定よりも早く到着し、頑張って歩いた子供たちです。全員揃って写真を取りました。
 
高尾山下り2
 下り道にも、台風24号の風の影響で樹木が倒れている所がありました。年輪が100年以上にもなりそうな木があり、さわりながら年輪を数えてみました。こんなに太い木までも倒れていることに、驚かされました。
 
高尾山下り
 下りも2コースに分かれて出発です。吊り橋コースは、木々の続く山道を気持ちよく下り、吊り橋にたどり着きました。吊り橋は、歩くと若干揺れるので、それも楽しみながら渡っていました。遥か下には、川が流れた、水の流れる音が聞こえています。
 
高尾山5
 下から歩いて登ってきたチームも到着しました。最後まで、頑張り抜いて喜びのゴールです。高尾山頂で、全員が合流し一緒にお昼ご飯をいただきました。鮭と昆布のおにぎりをおいしそうに食べていました。ご飯の後のおやつタイムでは、持ってきたおやつを説明しながら、嬉しそうにいただいていました。
 
高尾山4
 高尾山頂で、 登りきった喜びの写真です。周囲の景色を見ると、山々は見えますが、残念ながら富士山は雲に隠れていました。子供たちは、周囲の景色を眺める余裕もありました。ビジターセンターに入り、高尾山に生息するムササビや植物の写真やぬいぐるみを見ることができました。
 
高尾山3
 薬王院を抜けた後は、階段が続きます。子供たちは、疲れながらも頑張り抜いて歩き、思った以上に早く山頂にたどり着くことができました。前回9月に登った時と比較すると、弱音を吐くこともなく登ることができ、成長を感じます。
 
高尾山2
 ケーブルカーを降りて、山頂を目指します。途中にあるたこ杉の根元を見たり、たこの像を仲よくなでたりしています。台風24号の影響で、木の幹が折れてしまい、その下を潜り抜ける所もありました。改めて、台風24号の風が大変強かったことがわかり驚かされました。
 
高尾山
 歩いて山を登るコースとケーブルカーで途中まで登るコースに分かれます。山頂で出会うまでお互いに頑張ろうと、手を振っています。天気もよく気持ちのよい出発です。
 
2日目の朝
    昨晩はよく眠れたようで、皆元気です。朝ごはんのパンをしっかりと食べています。8時半には、高尾山に出発です。

 

公開日:2018年10月02日 12:00:00
更新日:2018年10月11日 08:55:31

カテゴリ:ひまわり学級移動教室
平成30年度 ひまわり学級移動教室1日目

 

キャンプファイアー
 夕食後、境南小学校のけやき学級の皆さんと一緒にキャンプファイヤーを行いました。歌を歌ったりクイズをしたり、マイムマイムを踊ったりと、焚き火を囲んで楽しく過ごしました。子供たちは疲れたようで、すでに眠くなってきているようです。この後は、部屋に戻って寝る準備です。
 
開室式
   わくわくビレッジでの宿泊学習が始まります。自分でできることを増やし、友達となかよく過ごせるように、励ましていきます。開室式では、司会や言葉を言う子供たちが、とてもしっかりと話していました。
 
お弁当
 すみだ水族館の入り口の近くにある広場で、スカイツリーを眺めながらお弁当を食べました。お腹がすいていたようで、皆嬉しそうにいただいていました。ごちそうさまをした後は、わくわくビレッジに向けて出発です。バスは、順調に進み、予定よりも早く到着しました。時間があったので、アスレチックで思いっきり遊んでいました。
 
すみだ水族館3
 ペンギンが水槽の中を翼を精一杯羽ばたかせて、猛スピードで泳いでいます。子供たちは、そのスピードの速さに驚き、見入っていました。水族館の見学を終えた後には、お土産を楽しそうに見て、小さなペンギンのぬいぐるみ等を選んでいました。
 
すみだ水族館2
    きれいなグッピーなどの魚が、大きな水槽の中を気持ちよさそうに泳いでいます。クラゲは、生まれてから大きく成長するまでの様子が展示されていて、一つ一つの小さな水槽を丁寧に見ている子供たちです。また、クラゲがヒラヒラと泳いでいる様子は、美しくいつまでも見ていられそうでした。
 
すみだ水族館
 すみだ水族館は、スカイツリー入り口のすぐ近くでした。ちょうど、チンアナゴのエサやりの時間でした。水槽の上からエサを係員さんが入れると、チンアナゴが体を砂から出してグーンと伸ばしてエサをパクっと口を開けて食べる様子を見ることができました。子供たちは、その様子に見とれていました。
 
スカイツリー2
 スカイツリーからの眺めは素晴らしく、隅田川や東京タワー、新宿のビル、東京湾等が見えました。景色を見ながら、子供たちは大喜びでした。人や車が豆粒に見えると、歓声を上げていました。
 
スカイツリー
    バスでは、子供たちが順番に歌い、みんな元気な歌声でした。全員の歌が回ったところで、ちょうどスカイツリーに着きました。エレベーターに乗り350メートルを一気に上がりました。あっという間のことで、子供たちは、ビックリしていました。
 
ひまわり学級宿泊出発式
 朝日がまぶしく、天気に恵まれました。3日間の宿泊の始まりです。皆元気で張り切っています。大きな荷物をバスまで運び、バスに乗り込みました。今年度は、1年生から6年生の9人で、仲よく宿泊します。これからの3日間が楽しみです。

 

公開日:2018年10月02日 11:00:00
更新日:2018年10月10日 08:41:59

カテゴリ:セカンドスクール
平成30年度セカンドスクール7日目
帰校式
 1週間ぶりに学校に帰ってきました。とても懐かしく感じます。お迎えに来てくださった保護者の皆様の顔を見て、ほっとして嬉しそうに微笑んでいる子供たちの姿が印象的です。この1週間で、貴重な自然体験活動を行ったり、様々な人とふれあったり、共に規則正しい生活を過ごしたりして、子供たちは大きく成長しました。自然を守って伝えている人、稲やりんご等の農作物を育てている人、尾瀬の自然について学んでいる高校生、宿のお父さんお母さん等、たくさんの方々から様々なことを教えていただき、自然の素晴らしさや生産者の思い、生きている魚の命をいただいていて食物にしていること等を知りました。きっと、これからの生活の中で生かされ、よき思い出として残っていくことでしょう。
 
お別れ
 宿のお父さんお母さんからも、一言ずつお別れの言葉をいただきました。明日から寂しくなると話されていて、子供たちに優しくしていただいていたことが、よく分かりました。名残惜しいのですが、時間になったので、お別れを告げ、バスに乗り込みました。
 
閉校式
 片品村での1週間の活動が全て終わりました。閉校式では、お世話になった皆さんに、皆でお礼の気持ちを伝えます。「さようなら」の歌を気持ち込めて歌い、お世話になったお礼をしました。
 
奉仕活動3
 お母さんの肩や足、手をもんであげて、お母さんは気持ちよさそうです。玄関前には、昨日に台風の風で飛んできた落ち葉がたくさんあったので、掃き掃除をすると、すっきりとしました。
 
奉仕活動2
 布団を干したり、畳んだり、とびらやさんを磨いたりして、掃除している子供たちも気持ちよさそうです。
 
奉仕活動1
 宿の掃除をしています。階段を掃除機をかけ、手すりをきれいに磨きました。玄関も丁寧にほうきではいています。とてもきれいになり、宿のお父さんお母さんに喜んでもらえそうです。
 
7日目の朝の会
   セカンドスクール最後の日になりました。お世話になったお父さんお母さんに喜んでもらえるように、「来たときよりもきれいにしよう」等と目標を立てていました。昨日の台風の風雨でも、しっかり眠れた子供が多く感心しました。

 

公開日:2018年09月22日 15:00:00
更新日:2018年10月02日 08:29:37

カテゴリ:セカンドスクール
平成30年度セカンドスクール6日目
感謝の会2
 お父さんお母さんも、子供たちの出し物やプレゼント等に大変喜んでくださいました。帰ってしまうのが、寂しいと言ってくださいました。1週間の間、食事やお風呂の用意、マイクロバスの運転、子供たちの健康状態への配慮等、本当にお世話になりました。
 
感謝の会1
 今まで1週間お世話になった宿のお父さんお母さんに、感謝の気持ちを表すために、ゲームやプレゼント、歌、ダンス、お礼の言葉等を工夫して行いました。お父さんお母さんに、喜んでいただけるように各班でよく考えています。お父さんお母さんを、上手にご案内している班もあり感心しました。
 
押し花体験
 宿の近くに咲いている花の中から、自分の気に入った花や葉を積んできました。それを宿で乾燥させて、工夫して並べ、一つの作品に仕上げました。よいお土産ができました。
 
火起こし体験3
   できあがった水とんを運び、みんなでいただきました。おいしい、おいしいと言って、おかわりをしている子がたくさんいました。野菜もしっかりと火が通っていて、汁に味がしみこんでいます。どの班のすいとんもおいしくて、子供たちは満足していました。
 
火起こし体験2
 燃えかたが安定したグループから、お鍋をお母さんがのせてくれました。沸騰したら、みんなで順番にすいとんの種を入れます。スプーンですくって鍋に丁寧に入れていました。おいしそうなすいとんができ上がりました。
 
火起こし体験1
 雨上がりだったので、キャンプ場で火起こし体験を行いました。マッチ5本、新聞紙、割り箸、杉の葉を使い、自分達で火を起こします。新聞紙を丸めて、割り箸や杉の葉をのせて、子供たちは火を点けていました。なかなかうまく火が広がらず、何度も繰り返しているグループもありましたが、あきらめずに挑戦していました。
 
すいとんの準備
 6日目です。すいとんの材料の人参、大根、白菜、しいたけ等の野菜を包丁で切ります。お母さんに手本を示してもらいました。子供たちは、丁寧に包丁を扱い、慎重に気を付けながら野菜を切っていました。

 

公開日:2018年09月21日 19:00:00
更新日:2018年10月01日 11:40:59

カテゴリ:セカンドスクール
平成30年度セカンドスクール5日目
りんご狩り体験3
 宿に持ち帰ったりんごを食べると、皮まで甘くておいしくて子供たちは大喜びでした。りんご農園の方には、雨のため、子供たちを大きなお部屋に入れてお話をしてくださって、大変感謝いたします。
 
りんご狩り体験2
 りんご農園に移動しました。真っ赤に熟したりんごの中から、自分の気に入ったりんごを2個もぎ取ります。皆、おいしそうなりんごを取ろうと、悩みながら選んでいます。今日は雨もようだったので、宿に戻ってから、食べることにしました。
 
りんご狩り体験1
 楽しみにしていたりんご刈り体験です。りんご農園の方に、1年間の作業について説明をしていただきました。花の受粉、除草、消毒作業等があることを知りました。子供からは、1つの木になるりんごの数、1年間の出荷量、おいしくて人気のあるりんご、りんごのおいしい時期等の質問が出ました。お礼に、暗唱したりんごの詩をプレゼントしました。
 
武尊牧場見学4
 だんだん雨が強くなって雨音が聞こえてきましたが、ブナの木や様々な樹木のお陰でほとんど濡れることなく、見学することができました。湧き水や池も見ることができました。池には、蛙やトンボ、イモリ等、たくさんの生き物がいるようです。最後に、ガイドさんにお礼をし、武尊牧場にお別れをしました。
 
武尊牧場見学3

ちょっとした広場のような所に出ました。その場所では、昔映画が撮影されたそうです。赤い木の実がたくさんついている木は、ナナカマドです。七回カマドに入れても燃えないので、このような名前がついたそうです。赤い実は、まずいので食べられずに残っているようです。

 
武尊牧場見学2
 ブナの木があるお陰で、雨が降ってきてもほとんど濡れることなく見学することができました。地面は落ち葉が積もっていて、ふかふかとして心地よく、子供たちは楽しそうに歩いています。ガイドさんの説明をしっかりと聞きながら、4キロメートルの山道を進んで行きました。
 
武尊牧場見学
 霧の中を、ガイドさんの説明を聞きながら見学します。6人のガイドさんが各宿ごとに、説明してくださいました。ダケカンバの樹皮は大変燃えやすいと聞き、明日の火起こし体験で使おうと、持ち帰った子もいました。
 
武尊牧場
 5日目の朝です。車で武尊牧場に上がって行く途中は、周囲の山々が見られました。牧場につくと、霧が立ち込めていて周りがよく見えません。濃霧が珍しいので、子供たちは楽しそうに歩いています。

 

公開日:2018年09月21日 18:00:00
更新日:2018年10月01日 11:40:46

カテゴリ:セカンドスクール
平成30年度セカンドスクール4日目
焼き物体験4
 お世話になった永井さんにお礼をし、机の上がきれいになるまで、しっかりと後片付けを行いました。その後、明後日の火起こし体験で使うために、永井さんの山に落ちている杉の枯れ葉を拾いました。
 
焼き物体験3
   思い思いの作品が出来上がりました。グループごとに、完成した作品を並べてみると、一生懸命丁寧に仕上げたことがよくわかります。これを焼き上げてもらってから、学校に届くことになっています。どのように焼き上がるかが、楽しみです。
 
焼き物体験2
 少しずつ自分の作りたい形になってきました。乾きすぎないように、何度も水をつけながら、根気強く形作りをしました。草の葉をつけてたり、模様をつけたりして工夫していました。
 
焼き物体験1
 永井さんに、粘土の固さを耳たぶ位の柔らかさにするように説明を聞きました。子供たちは、嬉しそうに粘土をこねています。どんな作品ができるのか、楽しみです。
 
稲刈り5
 3枚の田んぼ全てを刈り取りました。はざかけした風景を見て、やりきった喜びを感じました。教えてくださった永井さんにお礼をし、どろどろになった長靴を川の水で洗ってから、宿に戻りました。
 
稲刈り4
 子供たちは疲れて来たので、途中で休憩をとり、水分補給をしました。その後もぬかるんでいる田んぼの中には、果敢に入り、最後まで刈り取っていました。ちぎら山荘のお母さんが、手慣れた手つきで素早く刈り取っている姿を見て、感動していました。
 
稲刈り3
 子供たちは、稲刈りに熱中しています。一粒も無駄にしないように、注意深く見ながら、残っている稲を刈り取ります。縄で結わえた稲の束は、干していきます。それを、「はざかけ」と言うことを、実際に見て子供たちは学びました。
 
稲刈り2
 3グループに分かれて、田んぼの稲を刈り始めました。15束ほど刈ると、縄で縛ります。最初はなれない手つきでやっていた子供たちでしたが、徐々に刈るスピードが早くなってきました。
 
稲刈り
 今日は稲刈りをするので、永井さんに、かまの使い方を教えていただきました。かまは危険なので、刃先の部分に十分に気を付けて、作業することが大切であると、分かりました。
 
セカンドスクール4日目
  片品村に来てから初めて、快晴になりました。気持ちのよい朝です。山々の重なりががきれいに見え、植物も光をあびて輝いています。子供たちは、片品村での生活に慣れてきたようです。

 

公開日:2018年09月21日 17:00:00
更新日:2018年10月01日 11:40:31

カテゴリ:セカンドスクール
平成30年度セカンドスクール3日目
上毛カルタ
 群馬県の人なら誰でも知っている上毛カルタを行いました。星野さんが説明をしてくださいました。子供たちは、絵札を真剣に取り合っていました。星野さんが、上の句も下の句も全て覚えていることに、子供たちも驚いていました。
 
群読、合唱、俳句
 りんごもぎや魚づかみの後に、片品村の方に披露する予定の群読の練習を行いました。文末の言い方に気を付けるようにアドバイスを受けると、雰囲気のある群読になりました。昨日の尾瀬ハイキングで見た景色を思い出しながら、夏の思い出を歌いました。実際に行ったことで、実感がこもっていました。その後に、尾瀬の俳句を作り、班で発表しあいました。「秋風と  ともに流れる 涼風よ」「尾瀬ヶ原  緑の自然と  金の山」等、子供らしい俳句ができました。
 
魚つかみ4
 さばいた魚を炭火で焼いていただきました。とてもやらかくて、塩味が効いていておいしいと、感想を話していました。魚の命をいただいていることを意識して、大切にきれいにいただきました。
 
魚つかみ3
 捕った魚は、自分達でハサミを使って、内蔵を取り出します。早くできた子供は、他の子供たちに教えてあげていました。思った以上に、怖がらずに行うことができました。
 
魚つかみ2
   実際にやってむみると、魚はすばしこく泳いでいるし、ぬるぬるするしで、なかなか捕まえられない様子でした。どの子も自分でとろうと必死です。なかなか捕まえられない子供には、手伝っている子供もいました。その姿が、ほほえましかったです。
 
魚つかみ1
   高山さんに、これからの予定や魚つかみの説明をしていただきました。ニジマスを捕まえた後、内蔵を取り出す方法を説明してもらうと、子供たちは、しっかりと話を聞いていました。
 
収穫体験について
 永井さんに、片品村で収穫している作物について話していただきました。トマト、トウモロコシ、レタスがよく作られていること、作物を育てるには、水と温度管理が大切あること、朝晩の寒暖差があるのでおいしい野菜ができることが分かりました。また、収穫したはな豆を持ってきてくださいました。大きな豆をさわらせていただき、昨日食べたアイスクリームにも入っていたことを思いだしました。
 
稲刈りについての話
 3日目の朝は、残念ながら雨です。メロディーを借りて、学年集会を行うことにしました。最初に、星野さんに稲刈りについて話をしていただきました。特に、稲刈りの後の天日干しのお米がおいしいことが印象に残ったようです。宿で毎日いただいているご飯も天日干しのお米だと知りました。

 

公開日:2018年09月21日 16:00:00
更新日:2018年10月01日 11:40:21